NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

選挙

近付いてきましたね。
たぶんこれまでの人生で一番悩んでる選挙です。
世の中もだいぶ迫ってきてるのであんまり惰性で投票するのは控えたいところ。
そうはいってもこれといった候補者も政党も見当たらないという感じです。

政治家によるトップダウンの改革・改善はもう期待していないので、この状況にさして絶望するとかはありません。
ですができることはしておきたいので、できるだけマシな人間を一人でも土俵の上に上げられればいいなぁくらいに思ってます。
あまり楽観できる状況ではないですが、自分がこれまで世の中に無関心だった分、自分が一方的に被害者とも思えませんし。

ざっと見、「増税反対・脱原発・TPP反対」を連呼しているのが軒並み万年野党陣ばかりというのが日本の現状を表してますね(^_^;)
自分は民主党の姿から、「万年野党時代には何とでも言えるけど、うっかり与党になるとなし崩し的に政策が翻る」という教訓を得ました。
彼らの中で与党という立場に変わっても政策を変えられずにいられる人達はごく一握りな気がします。
良くも悪くも一番現実を反映したこと言っているのは自民・民主あたりなんでしょうね……。

なんとなく惰性で政治を放置すれば、政党に関わらず「増税原発維持・TPP参加」に流れて行く気がします。
それがいいのかどうか、世間知らずな自分にはよくわからないというのが本音ですが、原発とTPPには距離を置いたほうがいいように思います。
原発というものの特性上、狭い国土に地震列島、この二つの特徴を持つ日本という国には適さないと認めざるを得ない気がします。
原発を維持する努力は地熱発電をメジャーにする努力に注いだほうがいいように思います。
TPPは某国が作ったものですからね(^_^;)
もうあの国に近付くのは無条件で危険すぎると自分は思ってます。

各政治家や政党の掲げる公約をいくら調べたところでそれが守られることが少ないのも事実。
公約じゃなくてその政治家の人間性とかしゃべり方とか、あと日本の現状を逆手にとってマスコミがやけに足を引っ張ろうとする政治家に票を入れてもいいかな、なんて思ったりもします。
ま、なるべく惰性の投票はしないようにしようとは思ってます。

広告を非表示にする