NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

webライター

在宅ワークの中には詐欺まがいのものも少なくないですが、その中ではwebライターはまだマシな方かなという印象です。
知人が実際にやってますし、自分も現在やってます。

在宅ライターは募集時にメールで応募、その後簡単なライティングテストを課されることがあります。
これこれこういうテーマでサンプル記事を○○字〜○○字以内で書いてください的なやつです。
このテスト記事を作成してメールで送付。合格なら相手と契約を結びお仕事が始まるという流れです。
詐欺ならわざわざテストなんかせんだろうという感じです。
テストがなくて初期費用が必要とかいう口のライターはやめといたがいいかもですね(´ω`)

ライターっていうと大げさですけど、初心者でも可という「webライター」ですからね。
だいたい1000字前後の記事を書くお仕事で、別にオリジナルの記事を書けというわけではありません。
たぶんですけど、そういうのあまり求められてない感じです。

自分が今やってるところは依頼主からテーマを指示されます。
そのテーマについてググります。
わかったことを自分の言葉でまとめます。
記事を作成したらあらかじめ提出用に送られてきているファイルに貼り付けてそのファイルごとメールで提出します。
修正点とかあればその旨が連絡されます。なければその案件はそれで納品になります。
お仕事があれば、すぐにまた新しい案件のメールが送られてきます。
こんな感じですw

記事を書くっていうとやっぱり大げさですけど、要はこういうブログみたいなのを書いてる人はたぶんできます。
書くことさえ決まれば、規定文字数はけっこう軽くクリアできますね。
書く内容を固める下調べの方が時間かかるときもあります。



ちなみに、気になる報酬ですけど、まあ雀の涙ですね(^_^;)
一文字0.1〜0.3円くらいのもんですかね。
かけ算してもらったらコンビニバイトが高給取りに見えるというw

前も書きましたけど、在宅ワークとかにこだわるよりは外で働いた方が儲かることは儲かります。
普通の人がわざわざ進んでやることは少ないですかね。副業とかだったら別ですけど。

このライターの口も
「は!?こんだけ一日カタカタやってこんだけ!?ふっざんな!!!!!」と思うか
「マジで!?一日カタカタやってたらこれだけはもらえるんだ!!!!!」と思うか
どちらのタイプかによりますね。
たぶん前者の方が圧倒的に多いと思われますが、中には後者の人もいるかもですね。

自分は文章が一応お金になることに跳びあがるほど感動してるというほどでもないですが、まあ文書くのは自分のパラメータの中ではマシな方なので、得意なことが仕事になってるという感動はちょっとあります。
自分のステータスが直接仕事に役立ったのってたぶん初めてです。
自分は文系出身ですが、文系は金にならないとは常々言われますよねw
でも理系には興味もなかった上に適性があったかどうかも怪しいのでまあ自分はこっちの道で間違ってはなかったと思ってます。

前も書いた通り、正直ニートって肌に合わないので小遣い稼ぎにしかならなくても文章書いてる方がまだマシって感じですね。
他にやれそうなことも見当たらないですし、せっかく知人が教えてくれたライターの口なので当分自分はカタカタやってる予定です。

広告を非表示にする