NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

ネットリテラシー話

個人サイト管理人の「目」:1億総情報発信のSNS時代がもたらした「炎上の日常化」と付き合う方法 (1/3) - 誠 Biz.ID
読みました。なんかおもしろかったですw
5回分記事あるようなのでお暇な方はよろしければ

大筋の話で言うと、最近情報発信が容易になりすぎて失言によって実生活にまで実害が及ぶことまで起きてる。特に若年層や未経験層は危ない。
その辺の話を背景にネットとの付き合い方みたいなお話がされてます。

ネットの二面性ってやつですか。
リンク先の記事の中で、ネットの危険を知らずにいきなりツイッターの投稿とか始めるのは自動車学校に通わずにいきなり路上教習やってるようなもんって例えがあったのはその通りだと思いましたね。

この辺は難しいところで、どこまで知ればOKかっていう基準はなくて、程度の問題だと思うんです。
1から5まで分かってる人を10まで分かってる人が見れば「何やってんだよ」って思うだろうし、100まで見えてる人から見れば10までしか見えてない人も「バカだなこんなことネットに書いて」って思うでしょう。
そういうの言い出したらきりがないので、その人にとって守るべきものがあるならそこに影響が及ぶような話は一切書かないし匂わせもしないって点を各自で押さえておけばいいんじゃないでしょうか、と思ってます。
まあこの「影響が及ぶような」って部分がミソで、自分がやっていることや発言したことが社会の中でどういう意味を持ち、どういう影響が広がるのかという点を理屈で理解し、皮膚感覚でもある程度理解できないと正確には予想できないところはありますよね。
こんなブログをちまちま書いてる自分も、その辺意識はしてますがまあ自分より世慣れしてる人からみたら微妙なことも書いちゃってるんだろうなって思ってはいます。

交通トラブルと一緒で、注意してもその注意が的はずれならあまり意味ないし、ちゃんと注意してても絶対の安全というものはありえないってことなんだと思います。
そもそもネットへの書き込みをしないというのが最高のリテラシーだという皮肉もw
自分もそうだと思います。
リアルがそれなりに充実してて、SNSとかもそんな熱心にやる時間もないような人はわざわざリスクをとってまで書きこむ必要もない気はします。


最近ネットが炎上しやすい理由として「最後まで読まずに批判する」ってタイプがあるみたいですね。
ネットで長文は好まれにくいというのを改めて感じました。
自分はコミュ障気味でリアルもくすぶり気味なもんでネットでヒント探してますから、わりと長文でも最後まで読むんで、この辺の相場はちょっと意識しとかないとなぁとは思います。

広告を非表示にする