読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

クリエイティブとコーディネート

先日、お仕事をいただいている場所から「自分の知識のみで語れるようなジャンルはないですか?」って聞かれて頭を悩ませました……。そういうの、自分あんまりないんですよねー……。自分の知識って狭く浅くが基本なんですよ。自分が何に興味があるのかもいまいちわかってないですからね。趣味とか聞かれてもハッキリ答えられるような専門分野ないんですよね(;´Д`)

一般受けする話で、それでいてそれなりに語れる分野って自分には難しいです(^_^;)



ライターっていうと「むしろそういうものなんじゃないの?」って思うかもしれないですが、今自分がやってるのはそういう方向ではないです。どちらかというと、web上で言われている一般論を調べてきて、それを自分の言葉でまとめ直すって意味合いの方が強い気がします。もちろんそのテーマに詳しければ自分の色を出しても問題はありませんが。

一般論のまとめ直しで必要なのってクリエイティブな力っていうよりコーディネートの力って感じなんですよ。一般論が1から10まであったとしたら、まず1から10までの内容を頭に入れて、それを自分の言葉で配置し直すって感じですかね。

対して、そういう一般論1から10の外にある話を独自の視点や経験からはじき出すのがクリエイティブって感じですかね。



そういうクリエイティブな力が求められるのは雑誌とかで連載持ってるような「ガチなライター」で、記者とかルポライターとかそういう人達な気がしますね。自分が今やってるのはネット集客のためのチラシ作りみたいなもんですから、そこまでのもんは無理に必要なくて、一般論レベルで十分という感じです。

一般論であっても自分で書くのは時間かかるし、余所のサイトの情報とかと似てしまうと何かと面倒だから、その辺の事情から外注してるんだと思います。最低限求めてるのは一般論のロンダリングといった印象です。web上にいくらでも転がっている一般論について、それを著作権に引っかからない形に洗浄して欲しいという感じですか。

実際にやってみて、クリエイティブに自信はないですがコーディネートの方ならけっこうやれるなって手応えはありました。ガチなライターは無理かもしれないけど、webライターはやってみたいという方がもしいらっしゃれば、コーディネート力があればどこかでお仕事できるんじゃないかと思います。

広告を非表示にする