読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

『「エコ」社会が日本をダメにする』

工学博士、武田邦彦さんの著書。環境問題について、一般論とは違った意見をみることができます。
「レジ袋を使わないほうが環境に悪い」、「マイ箸運動には意味がない」など、目からウロコが落ちます。環境問題に興味がある方は一読を勧めます。


―――――――――


自分はモロに文系人間なので、この本に書かれた内容が正しいかどうかはちょっと自信がないというのが本音です。ただ、地球は温暖化ではなく寒冷化に向かっているという意見をおっしゃっている学者はいますし、むしろそちらのほうが正しいのでは?と思える節もあったりなかったり。(『「エコ」社会が日本をダメにする』内でも、温暖化するかわからないし、したとしても恩恵のほうが大きいよ?ってことが書かれてます)

自分は一応、地球は寒冷化に向かってるに一票を入れる派ですw だから別に違和感なく読めましたが、そういう話を聞いたことがない方にとっては衝撃の内容かもですね。

温暖化は一種のビジネスになっていて、いわば利権の塊みたいになっている側面がどうやらあるようです。温暖化ってのは意図的に演出された「問題」って感じでしょうか。だからこそ、あれは将来を憂えての活動ではなく、そこにビジネスチャンスを見出した一部の人間による、今現在の商売でしかないわけです。

そういえば、ダイオキシンとか、一時期あれだけ恐い恐いと煽っていたわりに、ある時期を境にパッタリと聞かなくなってたなーとこの本を読んで思い出しましたw

今の社会がいかに利権優先の滅茶苦茶な状態になっているかの一例を示すと同時に、社会についても自然についても、そんなごく一部分を拡大して大騒ぎできるほど単純じゃないよねっていうことがわかる一冊でした。

広告を非表示にする