NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

シェア生活してみて

次の生活は一人暮らしの予定なので、シェア生活もあと10日ほどで終了予定です。
最初はなかなか身の振り方がわからなかったところもありましたが、今は落ち着いてます。

今年一年間は来客が減って静かになったせいか、自分的にはかなり住みよい環境になってました。去年はにぎやかすぎて落ち着かないところもあったんですけどね…。

とりあえずここに住んでみて、やっぱり同居人のタイプと家の雰囲気と、あとは自分の慣れも大きいかなーと思いますね。
二年も暮らせば多少は慣れて、「一人でいるときの解放感と、誰かと一緒にいる安心感と、両方を感じる」というのを最近ようやく感じていた気がしますw


とはいえ、自分がシェアに適正があるかどうか、完全にはちょっとよくわかんなかったですね。

同居人がいろんなところを飛び回っているタイプなせいで、実質一人暮らしに等しい状態も多かったですから。特に来客も少なかった今年一年はそんな感じでした。
もし毎日誰かが家にいる感じだとどうなるんだろーというのは、シェア生活が終わろうとしている今でも純粋な疑問です。


でも慣れるところも大きいかなーとは思えました。
一緒に住む人にもよるし、家の雰囲気にもよるけど、条件が合えばまた誰かと一緒に住んでみるのもいいかもなーとは思いました。

お金がかからないとか合理的だとか、そういう理由抜きでも悪くないかなーなどと。

もちろんいつもにぎやかにワイワイやってるような家に慣れるのはかなり時間がかかるでしょうけどねw
まあそうなったらそうなったでなるようになるかも、などと思っています。


とりあえず、すごくいい経験になりました。

本当に、奇跡のようなバランスで自分にちょうどいい家でした。自分が耐えらないほどにはうるさくなくて、でも一人暮らしよりは確実に誰かの気配が色濃い家。
ヘタレでビビりな自分がシェア生活のお試しとして入るにはピッタリすぎでしたw

ここにきてよかったと今では思っています。




次は一人暮らしに戻る予定なのですが、なんか寂しくなったりしないだろうかと漠然とした不安があります。
同居人と軽く会話するだけでもかなりの精神安定剤になってましたからねぇ…(´・ω・`)
特に今自分はヒッキーワーク中なので余計に人とのふれあいがなさすぎですからね。

ニート時代もこの一年も、精神が崩壊せずにやってこれたのはひとえに同居人がいてくれたからです。
これからどうなるだろうなーと空恐ろしいような、でも一回一人暮らしにも戻ってみたいような、そんな心境です。

広告を非表示にする