NCの日記

孤立気味に生きてきたおっさんの日記です

隙に欠けるのはいいもんだ

誤字りましたがあえて直しません。
「好きに書けるのはいいもんだ」です。


最近地味に忙しいです…。
自分みたいな立場の人間が忙しいってのはむしろ大変ありがたいことなのかもしれませんが、
・やらないといけないこと
・やっておきたいこと
・普通にやりたいこと
・生活上の日課
とかなんとかで瞬く間に日々が過ぎていきます。

お仕事もいただいて大変ありがたい限りなのですが、ときに「好きに書けない」ってのはけっこうなストレスなもんだなと気付かされます。
ライターを仕事としてやるならもちろん「期待されていること」に焦点を当てないといけないわけですから、自分が書きたいことではなく、求められていることを求められている形で書くことになるんですが、むしろそれこそがライターの実力に他ならないわけですが。

根をつめて仕事していると、なんか「書くこと」にうんざりする瞬間もないわけではありません。
やっぱり自分の言葉じゃないからなのかもしれませんね。
すいません猛烈に生意気なことを言いましたwwww

若干自分と接点のある内容だったとしても、最終的には他人のフンドシである場合、相手の意向が優先になるのはそりゃ当然の話であって。
それはある意味気楽だなと思うのがこれまで大半でしたが、ある意味つまらない話だなと最近少しだけ感じたのです。

ま、自分の身の丈に合わせた結果がこれなんでまったく当然の帰結で別に不満があるとかそういうんじゃないんですが。



そういうことを思うと、このブログは好きに書けていいもんだというのを思います。
何の気兼ねもなく書けるホームタウン、みたいなw
まあ、大したことなんか一個も書いてないから好き勝手書けるってのが大部分ですけどね
(´д`)

いや、もうなんかそれでいい気がしてきました。
別にたいしたことなんか言わんでいいのでは?とw
むしろヘンな話もとりあえず書けるのですごいインフラだなと改めて思います。

そういうブログになればなるほど、これを広く世の中に宣伝しようとかもっと拡散しようとか、そんな気からますます遠ざかっていくwww
このブログは今後もひっそり更新していく予定ですw



ヘンなことついでに近況報告でもと思いますと。

痔、治りましたwwww
結局一か月くらい患っていた格好でしたねwww
あのおじいちゃん先生の「ちょっと長引くかもしれんよ?」という不吉な予言が当たった感じでなんとも。

結局ですね、別に薬は不要な感じでした。
痛みのピークは2〜3日。ちょっと痛いのが一週間。それから痛みはないけど腫れだけ残るのが残りの日々でした。
一回再発(というか血豆がもう一個)するという謎の症状もありましたけど、今は治ってます。(たぶんw)

結局は血栓と肛門付近の血の巡りが悪いのが原因って感じですから、その辺をうまくやれば普通に治る感じみたいですね。
シャワーじゃなくて湯船に入るのがいい、みたいな話ですけど、あいにくウチはシャワーですw 信じられないくらい弱々しい感じのシャワーです。

たぶん真夏だったのがよかったんでしょうね。冬だったらまだ治ってないかもなーとちょっと思います。血栓ですから、あっためた方が溶けるのも早いみたいですからね。
夏だったおかけで、今にも死ぬんじゃないかというほど弱々しいシャワーで治った感じですw

もらった薬はもしかして血栓ができなくなるとかいうその手の薬だったのかなーとちょっと思います。
血豆が破れたとき、「もしかしたら血が止まらんかもしれんけど…そんときはまた来て…」と言われたもので。

肛門から血が止まらない感じでどうやって徒歩20分くらいの病院まで行けばいいのかは、あえて聞きませんでした。

舌下錠という舌の下で溶かす薬だったんですけどね。
まあ使わずに済んでよかったという感じです。
一件落着。なんだったんですかねこの騒動(´д`)




という脈絡のない文章でも誰にも何も言われずに書けるというのは、いいもんだなとジ〜ンとしているところです。

広告を非表示にする