NCの日記

孤立気味に生きてきたおっさんの日記です

一人暮らしでのびのびとウツしてた話

最近(今も?)、非常にウツっぽかったわけですが、一人暮らしだったからこそノンビリできたのがよかったです。




朝起きて、そのままゲームしてても誰にも何も言われません。
昼食べて、そのままアニメ見てても誰にも(ry
適当にぶらぶら散歩して、適当に夜食べて、そのままグダグダしてても(ry




普通、こういう生活してると焦りのせいで自分自身があまり楽しめないんですが、少し前までそんなこともなかったです。楽しかったですw

その「こういう毎日でも楽しいと感じるw」っていうのが、自分にとってこれまで一度もなかったことで、「ああ、今かなりヤバいんだな」と感じました。



でもそういうのは見た目にはわからないし、そのかつてないヤバさの精神状態は、やっぱり他人にはわからないところだと思うので。

実家に戻っていれば、いろいろ安心な面はあったろうけど、やっぱり余計な横やりもいくつか入ったろうなと想像がつきます。


ウチの親もやっぱり昭和の人なので。
いい歳こいた男が昼間からゴロゴロしてる、みたいな状態は許しがたいようです。



実際は鬱っぽいときも最低限の仕事はしてましたし、それ以前に「うつ状態になるまでの経緯」をすべて知っている自分本人としては、「ロクに働きもせずにサボってる」的に言われるのは心外でしかないので。



でもま、傍目にはサボってるように見えるのなら、それを口で言ってもなかなか伝わらないし、なんかもうそれをギャンギャン言うのもだるい・・・という気持ちの方がデカい。うつっぽいときは特に。

そういうとき、一人暮らしっていいなって思います。

あまりに心身がだるくてヤバいと思うこともありましたが、なんかもう一日中ゴロゴロしてても誰にも怒られないし、誰にも気を使わなくていいという環境が自分を助けてくれたように思います。



今回のこの体験は、自分の「一人暮らしサイコー」な原体験をさらに補強したような気もします。
いろいろ思うところはあるんですが、自分はこれからも、基本的にはこういうスタイルを求めていくんだろうかと、なんとなく思ってます。

人によります


ただ、ウツっぽいときに一人でいるのは、人にはよるだろうなと思います。
マジでよからぬことを考えてしまうときは、誰かの近くにいた方が安心だとは思いますねー。

ま、心身に追い打ちをかけられるような環境なら、多少のヤバさを抱えたまま、一人でいた方がマシな気はしますけど。
自分は追い打ちをかけられる匂いがプンプンしたので、一人でいましたw

自分は一人暮らしの経験もそこそこありますし、体調不良にも慣れてますからね・・・。

「心の調子が悪い」ってのは初体験でしたが、戻ってこられてよかったですw



だいぶ調子が戻ってきた今となっては、貴重な経験だったとすら思います。
前々から「調子悪いとき、一人でアパートとかに引きこもって静養してたらどんな感じなのか」って、謎の興味があったのでw

はからずも、わが身を持って知ることになりました。

うん、まあ、なかなかでしたよw
終わってみれば遊んでばっかりでいい経験したような気にはなってますが、あまり当時の心境を詳しく思い出したくないような、ヘビーな時間だった気がしますw




実家が近くにあって、確執とかもなければ、普通に実家に戻って静養してた方がいいかもなとは思いますよ。
自分も何度か、「実家戻ろうかな・・・」ってちらりとは思いましたから。

まー、一人でのびのびやってれば、軽めのウツくらいなら自然に回復することもあるってことですかね。

妙なトラブルに巻き込まれたりして悪化したり・・・な不運がなかったので、運にも助けられたんでしょう。

広告を非表示にする