読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

趣味でもタイミングが大事

アニメ話になるんですけど、放映中だった『Fate』というアニメがあってですね、最終回を見終わったのです。

原作でも屈指の人気を誇るエピソードのアニメ化で、出来も大変すばらしかったんですが、なんか「ふーん」と思ってしまったんですね・・・。


アニメの出来うんぬん以前に、ああ、自分が変わってしまったのだなと。
物事を楽しむには最良のタイミングがあって、どうやら『Fate』にのめり込める時期を、自分は過ぎてしまったらしいと、しんみりしたというお話です。


最終回までアニメのクオリティは素晴らしかった

原作でも屈指の人気ルートを映像化するだけに、ファンの目は厳しかったと思うんですよ。元から『Fate』って熱烈なファンも多いですし、余計に。

でもこの度の『Fate UBW』は映画なみのクオリティで、概ね好評だったんじゃないかと思います。見てた自分も「うぉ、すげぇ!」と感じることも多かったです。


で、今回の最終回。
エピローグだけで1話取るほど話あったっけ?と思っていたら、原作未収録のエピソードがしれっと登場するわ、ファンなら思わずニヤリとしてしまうキャラが登場するわ、演出面も素晴らしかったのではないかと。

「おー! これはすごい」などと思いましたが、逆に言えば、自分のリアクションってこんだけだったんですよね。



昔の自分なら、最終回を見た後、これから1週間は現実に戻ってこれなかった気がしますw


Fate』にハマった学生時代

Fate』って元はPCのエロゲ―で、自分はそれがPS2に移植されたのを学生時代にやりました。
ええ、現実に戻ってこれなくなりましたともw

自分が就職後、ストレス溜めまくったのは、一つはこの『Fate』の世界が頭の中に、お花畑のごとく広がっていたからだと思います。


まさに青春の思い出ストライクで、自分はこの『Fate』、ならびにFateと同ブランドである「TYPE‐MOON」作品群に弱いんです。




他の作品もけっこうかじってますしね。


でも感想は「ふーん」


そんな『Fate』の、まして人気ルートの「UBW」の、映画レベルのクオリティで贅沢にアニメ化してもらって、感想が「ふーん」とは、我ながら驚きでした。寂しい限りw

おもしろいな、すごいなと頭では思いつつ、なんかどっかで「もう見るのだるいな」って気もしてたんですよね。

Fateはマンガとか外伝的なゲームとか、いろいろ展開されてますから、「またFateか」みたいな気持ちもあった気はします。



でもそれだけじゃなく、そもそもTYPE-MOONのノリとか、ありがちな展開とか、キャラ像とか自体を、なんか楽しめなくなってきた気がします。あれだけ大好物だったのにね。




TYPE=MOON初期の作品「月姫」もついにリメイクされる話もあるんですが、これもやっぱり「ふーん」で、仮に発売されたとしても、買うかどうかちょっとわかんないですね。
まあ当分出ない気はするんですが(TYPE=MOONは「発売日延期×2~3回」がお約束)


TYPE=MOON自体は、自分がどハマリしてたあの頃のまま、そこにあるのに、自分がそれを楽しめなくなってしまった気がして、ちょっと残念。


たとえ趣味であっても、物事を楽しめる時間には限りがあって、それを過ぎてしまうと楽しめなくなるのだなぁと、なんかしんみりしたわけです。


縁や巡り合わせって大事

自分が「よし! なんか楽しもう!」と思ったところで、自分がそういうテンションのときにそばにあるものって、限られてるんですよね。縁とか巡り合わせとしか言いようがない感じで。

今回のFate、学生時代の自分に見せてあげたら、20年は現実に戻ってこれなかったかもなと思います。

あの頃これがなくてよかったような気もしますw



あの頃、もっとTYPE=MOON作品にどっぷり浸かろうにも、あの頃は今ほど、TYPE=MOON作品も多くなかったわけで・・・。

幸か不幸か、TYPE=MOON作品は発売までに時間かかりますからねぇ。



今、TYPE=MOON作品にどっぷりハマっていられる学生の子とか、ちょっと羨ましい気持ちもあるワケです。

もちろん自分だってたっぷり楽しませてもらったという自信はありますけど、今のこの環境に、10代の頃いられたらなーというのは、どうしても思っちゃいますね。





これからまだまだTYPE=MOON作品に触れる機会はあるでしょうが、何より肝心な「TYPE=MOON作品を楽しめるテンション」がなくなってしまえば、なんかもうすべてが終わっちまったなって感じです。

触れても触れても、学生の頃のような感動はなく、頭のどっかで「ふーん」って思っちゃうんだろうなーと。


ま、こういうのも本当に縁だと思うので、しゃーないんですけどね。


今楽しいと思うことは、「時間ができたら」とか言わず、今しっかり楽しんどくもんかなーと思います。それを素直に楽しめるときにつながった、せっかくの縁ですしね。

「あの頃の自分ならもっと楽しめたろうなー」っていう感覚、ちょっと切ないw

広告を非表示にする