読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

体調不良も慣れたもんだ

今回、本式に体調を崩す前、なぜか急にポカリが飲みたくなって堪らなくなったのが印象的でした。普段そんなことないんですけどね。

今にして思えば、あれは虫の報せだったのだなぁと。ていうか体からのメッセージか。


自分は前にも似たような経験をしてます。
本式に体を壊したとき、普段は口にしないものが急に欲しくなって、たとえそれが普段口にしないものでも、そのときはそれを摂るのが正解だったりするんですよね。

ホント、あれは体の神秘だと思います。
体って今の自分に必要な物を知ってるんですよね。調子が悪いときだけは体の声に従った方がいいです。


で、今回はポカリだったんだろうなとw
買うチャンスはあったんです。でも「水でええやろw」と思いスルーしましたw
どうしても欲しけりゃまた買いに出ればいいし…というのもありました。

結局その後、猛烈に調子を落として外出なんてとてもとても…という状態に置かれたので、あのときが最後のチャンスだったんですよね。
いやぁ…失敗でしたw


――――――


結局体が欲しがっていたっぽいポカリなしでの養生となりましたが、なにせ体調不良は慣れっこなもんで、インフル級体調不良でも自力で対処できてしまうのがなんか悲しいw

【寝床周りに置いといたもの】

・替えのティッシュ
・飲み水とコップ
・着替え二回分くらい
・携帯電話と充電器
・耳栓とイヤーマフ


体を壊した時に何が必要になるか、すぐにイメージがつくのでこんだけのものをふらつきながらもテキパキ用意できましたw

ティッシュと着替えは基本ですね。
下手に布団から出なくてもいいようにスタンバイ。寝汗で着替えたくなったとき用の着替えもセットで置いといて、寝ぼけ頭で震えながら着替えを探さなくていいように準備です。

あとは喉が渇いた時の飲み水で完璧。
これがポカリだったら…って10回は思いましたw


普段は携帯電話までは用意しませんが、今回はインフル級だったのでいざってとき用にやっぱり置いときましたね。もし動けないままヤバくなったら救急車呼ぶ用です。
「充電ねーし!!」ってのに備えて充電器もセットで。

これで万が一の時も何とかなります。

あとはこの部屋特有のガッカリポイント、壁が薄い & 隣人がうっさい対策にすべての耳栓グッズを枕元に集結させればバッチリ。
常に耳栓して寝てますけど、なんかもう具合悪いときはこっちが全然グッタリしてるので騒音で起こされるとかいうことはなかったです。




一応病院に行かずに峠は越えた自分ですが、体調不良への慣れと一人暮らしでの慣れと両方あり、上に書いたようなことは無意識にできるくらいになってるのも大きいなと、今回感じました。

病院に頼らずに済むかどうかは慣れも大きいですね。
病院に行きたくないならいろいろなことに慣れときましょうw


あと、薬も一切飲んでませんが、具合悪いときにやってたことがあります。

・しょうが湯

お湯にすりおろして飲んでました。砂糖やハチミツを適時入れるとおいしいです。

これがあると具合悪いときでも頑張れます。
生姜は偶然買った直後だったのですりおろし放題でしたw
セットで冬の体調管理のお供に。


・お茶でうがい

喉を激しくやられてたわけですが、お茶でうがいしてました。
うがい薬を買うほどでもないと思うんですよねー…。

昔から本当によく扁桃腺はやられてましたが、病院で出されたうがい薬でうがいしたところで、劇的にすぐ治るとかいうことはなかったです。
イ○ジンとかも一緒です。

うがい自体は緩やかに喉の調子を整えてくれますので、出がらしでもいいですからお茶かなんかでうがいすれば緩やかに完治を早められると思います。
これで十分かと。

自分は今回紅茶のティーバックとか使ってうがいしてました。
もちろんティーバックは何度も使いまわしですよw うがい用ですw




こういう対応も自然にできるようになってました。
病院や薬には頼らない…ってのもいいんですが、ただ寝とくだけじゃなくてこういう小技も覚えとくといいかもです。

効果があったのかどうかはよくわかりませんが、なんか頼るものがあると精神的にもちょっと楽です。

それで様子を見つつ、本式にヤバそうならそんときだけ病院を頼る。
自分はこんな感じで対応してます。

広告を非表示にする