NCの日記

孤立気味に生きてきたおっさんの日記です

マネジメント系の仕事には気をつけた方がいいよという話

自分はボッチ、無口、ヒッキーあたりの属性を持ってて、どっちかといえば一人でいたい、人と関わりたくない、一人で黙々となにかしていたい系だったのだけど、よりにもよってマネジメント系の仕事に知らずに迷い込んでけっこう消耗したことがあります。

けっこう初見殺しなところあると個人的には思ってるし、あまりに適正がないと「これマネジメントの仕事やんけ!」って気づくまでに時間かかるしで、けっこうアレでした。


まぁいい経験だったと今は美化できますけど、もう一回あの仕事に放り込まれたらみっともないくらいうろたえて消耗しまくると思います。

コミュ障を自認している人でなるべくなら人とあまり関わりたくないなら、こういう仕事は気をつけた方がいいよという話です。



マネジメントの求人ってたぶんこんなやつ

自分が何となく経験したとか、ニアミスしたような業種というと小売りとか飲食系とかになって、これ系の「店長」とか「店舗マネジメント」とか「幹部候補」とか書いてあったら、だいたいはマネジメントがメインの募集になるイメージはありますね。

IT系なら大丈夫やろと思っても企画・運営とかディレクション業務をすることになったら、その本質はマネジメントだと個人的には思ってて、飲食や小売り系の正社員になったときと同じ壁に当たるかもなぁとふわっと思ってます。


そのほかの業種でどうなのかは社会経験の乏しさゆえによくわかりませんけど、これが正社員の募集だからとか、(特にスキルもないし経歴が穴だらけの自分でも)受かりやすそうだからとかの動機で適当に応募すると、のちの自分が地獄を見ることもあるのでほんと気をつけた方がいいよと思います。

自分が昔マネジメント業務に迷い込んだときはそういう雑で怠惰な動機で適当に入って地獄を見たので、わりと自戒してます。


マネジメント業務って要はリーダーポジション(まとめ役)だよなと

職場が小売りや飲食になると現場作業に入る機会も多いので、レジ打ちとか品出しとか調理とか接客とか、そういうのだけが仕事って感覚になりがちで。

でもそれはバイトやパートが主に担う末端業務になって、マネジメントをする社員の一番の仕事ではないんですよね。


社員が何をやるかといったら、主な人員配置の計画とその実現とか、商品のラインナップの決定とか、新しい人員募集や面接、教育とか、円滑な業務運営のためのルール作成・周知・徹底とかで。

細かいの上げたらキリがないけど、要はそのチームの具体的な方針の作成、実行、周知徹底みたいな。


バイトから「何したらいいんスか?」って聞かれたときに「こうしてくれ」って明確に答えられて、ちゃんと指導もして、さらにはそうする理由も根拠つきで必要なら説明できるくらい、自分が預かってる現場の方針を明確に立てて精通しておくのが一番の仕事かなと。

といっても大手の会社とかならもう根本的な運営方針は会社の方で立ててあったりして、自分が完全に自由に方針を決められるとは限らないです。

そのときは大元の方針を現場に落とし込んで具体的にどうするかを考えて決めるのが現場マネージャーの仕事で、さらにはそれをメンバーに周知して徹底していくとかの仕事です。



要は野球やサッカーでいうところの「監督」や「コーチ」、オーケストラでいえば「指揮者」、お芝居でいえば「舞台監督」や「脚本家」あたりになるかなと。

そのコミュニティの責任者(牽引役)としてそのチームをまとめて引っ張ってゴールに導くのが一番の業務になるわけで、そのチームの一メンバーとして末端業務をやるのがメインの業務ではないんですよね。


具体的なところは業種や職場によってかなり変わると思うのでこれ以上は語れませんけど、どこにいっても自分のポジションがマネジメントなら何らかのまとめ役、管理役、リーダー役が自分の仕事になるかなと。

少なくとも、すみっこの方で一人黙々となにか作業してればいいみたいな仕事にはならないかなと。


自覚がないと無意識に職務放棄してしまうかもと

ボッチ、ヒッキー、無口あたりの属性でコミュ障を自認している自分は、やっぱり自分一人でなんかコツコツ作業するみたいな方向に走りがちでしたね。

まとめ役なんて間違っても素の自分がやりたがらないポジションなので、自分の一番の仕事がマネジメントだという自覚がなかったころ、自分がやるべき筋の仕事に着手すらしないみたいな状況もけっこうあって。


本当は自分は監督としてそこに配置されてるのに、自分のことをただの一人の選手だと思って毎日そこに来てるみたいな。

正真正銘、一選手として雇われてるアルバイトさんやパートさんに交じって、一緒に末端業務やって、時間になったら帰るだけ。それ以外のことは我関せず、選手からどうするんですかと聞かれても「え、なんで俺に聞くの?」的キョトン顔みたいな。

そういう状況もちらほらあったので、会社から給料泥棒とのお言葉をいただいてました。(マジですまんかった



悪気はなくてわざとでもないけど、悪気の有無に関係なく必要な職務を果たしていないのは、世間的には職務放棄といわれてしまうので。

監督しない監督、指揮しない指揮者とかに果たして存在意義はあるのかといったら、まあ厳しいところがあるかなと。



さりとて意図的にサボってるわけではなく、これまでの人生でもっとも苦手としていた「対人コミュニケーション」、それも特定の数人とだけ話せばいいわけじゃなくて、チームメンバー全体と満遍なくコミュニケーションをとらないといけなくて。

さらにはチームで揉め事とかいざこざがあれば責任者の自分が間に入って折衝するのも結局は自分の仕事になりがちで。

正直、子供のケンカやんというトラブルもあるんだけど、それが原因でチームの士気が下がるとか、重要なメンバーが辞めていくとかになれば自分の首が締まるのでやらぬわけにもというアレ。



というアレコレが自分の仕事だと自覚するまでに時間がかかったし(自覚なしに迷い込んでたので)、自覚したところでコミュ力と社会性がなさすぎてどうすることも、みたいな詰みに追い込まれがちでした。


マネジメント業務の指導は会社から受けられるのか問題

いい機会だからと自分を奮い立たせて、この機会にマネジメントできるようになろうと思ったら、会社(上司)から仕事のやり方とか教えてもらえるのかというコレ、運次第だと思います。

正直、マネジメントについてちゃんと教わったことがなくて、雰囲気と勘でやってるだけの人もけっこう多かった気がします。単純に怖い人だから管理が適当でもみんなが恐れて動きまくるからなんとか無理やり回ってるみたいな職場にいたこともあります。


「管理」、「マネジメント」ってことをちゃんと自覚してて、そのための勉強とかを自分で意識的にやってきた上司なり先輩が近くにいれば、いろいろと効率的なアドバイスをもらえるかもしれないです。

一回だけそういう上司にあたって、わりと細かくコツやポイントを教えてもらえたこともありました。


直属上司が正直、人の上に立てるような器でなく、もちろん管理もマネジメントもくそもねぇというタイプだと、まあ聞いてもロクな答えは返ってこないですね。そもそも聞く気にもならないですし。

しいて言えば、生きた半面教師として自分で参考にする分には役立つかもくらいですかね。メンタルめっちゃ消耗するけど。



個人的には「人をうまく使う」、「チームをまとめてゴールに導く」って特殊なスキルで、向き不向きもかなりあるし、自分一人のことだけやってればいいみたいな状況とは根本的に違うので、専門的な勉強が必要と思うんですよね。

野球でよく言われる「名選手が名監督になるとは限らない」的なアレです。

勉強してない人でなんとかやれてる人はナチュラルボーンマネージャーか、本質的には職務放棄に近い仕事ぶりで、預かってるチームがなんとか回ってるのは運か別の要因(本人がヤクザみたいな見た目と性格)みたいな感じかなと思います。



マネジメント業務の社員を募集しつつ、自分では育てられないみたいな会社もけっこうあると思っているので、自分が奮起して教えてもらえるかは運次第かなと。教えを乞うのはもちろんいいことだと思います。勤め人の特権ですし。

ただ、そういう前向きな相手に対して適切な助力や教育ができないからこそ初見殺しの求人になっていて、どんどん人が辞めていくから万年求人化し、募集のハードルが下がり、適性のないコミュ障でも適当に採用されてるみたいな状況もある気はします。



マネジメント業務の雰囲気とかヒントとか

もう完全に個人の意見ですけど、ああこれは懐かしのマネジメント系のあれだなーと思ったやつをいくつか。



anond.hatelabo.jp

まとめ役ってどういうことをすべきなのかという一例として。

アンソロ主催とはボーッとしていれば執筆者の原稿が勝手に集まってくる役得仕事ではなく、執筆者達に最大限の敬意と気配りをしながら、企画をまとめあげなければならないパワフルな仕事である事を念頭に置いて欲しい。

これはマネジメント全般に言えるんじゃないかと個人的には思っています。人の上に立つから、あれこれ人に指示を出せる立場だからっていうのは役得仕事ではないですね。

自分が今目指している場所にたどり着くため、チームメンバーに無理なく効率的に動いてもらうために自分がいろいろと段取りや折衝をせねばならない、パワフルかつ気遣いも多い仕事みたいな。




r25.jp

前にけっこうバズってたグレイのリーダーのインタビューです。

「リーダーは上る山を決める」、「自分の気分や感情を一方的に押し付けない」あたりが個人的にいいなと思ったところです。





野球で知将といわれるお二人の本は個人的に興味があったので読んでみたところ、人の上に立つときにどうすべきかみたいな心構えとか、けっこう参考になるかもなと思いました。

もちろん野球監督をベースに語っているので直近の仕事にそのままは使えないでしょうけど、長い目で見たときには役立ちそうな内容だなと。




周囲に頼れる人がいないならこうやって自ら学んで道を切り開くしかないのだけど、そもそもワイ、人の上に立つとかマジ勘弁なんやがって人は、うっかり迷い込まないように気をつけた方がいいよという話でした。