NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

コツコツやってる

自分はかなりの小心者でございます(笑)
気が小さいことの裏返しで、チキンのくせに短気なところがあったりします。

そういう一面は成果に対しても発揮され、結果を焦ることが多いです。
昨日やって今日結果が出なければ失敗なのか間違ってんじゃないかアレが悪かったのかコレが悪かったのか……と一人悶々としています。

残念な事に、自分の気の短さと完璧主義な部分に応えられるほど自分のスペックは高くないですね(^_^;)
そのことを理解していなかった以前は、できもしないことをやろうとして、しかも完璧な結果をすぐ求め、現実とのギャップに摩耗していく時期がありました。

福山雅治さんの『あの夏も海も空も』という曲の中に、「翼もないのに飛ぼうとしていた僕を」というフレーズがありましたが、そんな感じでしたw



最近、少しは落ち着いてきた感じがします。

「速く広まるものは廃れるのも速い」ということをなんとなく感じるようになったからです。
世の中の動きやいろいろな人の発言を聞く限りそんな感じがします。

世の中に次々と現れる新コンテンツ。
広まったかと思うと廃れ、ネットを見渡すとまた新しくコンテンツが現れているという状況。
まるでサーカスの空中ブランコだと思います。

世の中ここまで発達しましたけど、発達したのは技術やインフラであって人間自体はそんなに変わっていないんじゃないかと思うことが多いです。
個人差はあるでしょうが、今の世の中のスピードに対応できるほど人間のスペックって高いのかどうか疑問です。正直自分はついていけてません。ついていけるようになりたいとも思っていません。
今の世の中の速度は、ロースペックな人間にとってはオーバースペックだと感じます。



そんなわけで、今の世の中でうまく立ち回ることを半分諦め気味の人です(・ω・)ノ

自分みたいなタイプがなにかを成し遂げたり掴んだりすることがあるとすれば、まだ当分時間がかかりそうです。そして、なんかもうそんなんでいいかなぁと思ったりもしますw
昔は長くても一週間くらいで結果が見えないと許せないような部分はあったんですが、最近はもう今日やり始めたとしたら、芽が出始めるのは早くて半年後くらいかなぁ、くらいの感覚でやってます。

ニートな毎日も同じでして。
焦る気持ちがないではないですが、焦ったところで仕方なし。
スピーディに動く事を常に実践してパンクした経緯がある以上、なんかもう根性論的なアプローチでは二の舞になるだけだし、だからといってうまい立ち回りも思いつかないですし。
自分が今すぐできることっていったら企業の求人に応募する、くらいしかありませんが、自分のようなのを企業側は歓迎してないのは明らかですし。

だったらもう焦ることもないかなぁ、と(^_^;)
先が見えない立場にもちろん不安はありますけど、自然な経緯でこうなった以上腰をすえてじっくりいくしかないかぁ、と思ってますw
焦って下手な求人に「避難」したところでまた遠からずパンクするのも目に見えてますし。

何が何でも働きたくない!というわけでもないですが、いたずらに焦る自分にはブレーキをかけてます。
先の事は基本わかりません。どこに辿り着くのか自分にもわかりませんが、毎日今の自分にできることをじっくりコツコツやっているところです。

広告を非表示にする