NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

バカな都会かここは

前の土地から今の土地に引っ越してざっと二週間といったところでしょうか。
まだブログに書いてないことも含め、三月から怒涛の忙しさ(当社比150%くらい)だったのでなんかほけ〜っとしてます。あとストレスなのかめっちゃお腹痛いです。


こっち、っていうか二年ぶりに地元に戻っただけみたいな感じの引っ越しだったのに、二年ももっと田舎の方に行っていたせいか、なんか自分の地元なのに落ち着きません。
ていうか、「あれ?なんかこっちの人ってみんな冷たい?」みたいなwww

道行く人は他人と目をあわせないように足早に過ぎていく(感じ)し、スーパーとか言ったらめっちゃ混んでるし、役場もコンビニもスーパーも図書館もレジとかカウンターにいる人めっちゃ事務的だし(仕事速いけど)、道路には車が行列作ってるし、「あれ?ここ都会?」みたいなwww


いろんな意味でうわ〜ですよ(´д`)
まさか「人が冷たい感じ」をリアルに体験することになるとは思わなかった。
よりにもよってここでwww

ええ、間違ってもここは都会じゃないです。
一応大学があるんで若者は多い土地柄ですけど間違っても都会じゃないです。
ここの人達がせかせかしてるんじゃなくて前の土地の人達が全体的にのんびりペースだっただけですたぶん。
車が列作ってるのは道路が古くて狭いのとのたくってるのと嫌がらせのような信号配置のせいで素に詰まってるだけで間違っても都会じゃないです。

この程度の規模の街で「人が冷たい感じがする…」とかwww
そしてそんな風な感じ方に自分が変わっていることがまた衝撃というかwww

二年っていう時間は思っていた以上に長かったんですね(;´Д`)
まさかあの土地の感覚がここまで沁みついていようとは…。



そういえば話でだけはチラッと聞いたことがあるんですよー…。
前に住んでいた土地、田舎だし冬は寒いし何もないけど人はいい人達ばっかりだと。
確かに道ですれ違うときなんかもちょっと脇に避けただけで知らない人同士でも軽く会釈して通り過ぎていくような、なんなら軽く挨拶してくれるような、そんな土地でした。

人は素朴な感じがしましたね。

最初あそこに行ったときは「げー、なんだよこのもっさりした雰囲気は。プークスクス」とか思ってたのに、いつの間にやら自分もそっちにチューニングされていようとは(;´Д`)

なんか今でもちょっと外に出たり役場行ったりするだけで人がめっちゃ冷たい感じがするのがすんごいゲンナリ。
あー、前はこれが当たり前で何の疑問もなく生きていたのかと軽いカルチャーショック。
引きこもりに近い生活でも田舎に住んでるとそういう感覚になるのかーと。

あ、あと引きこもってても家の前の道路を通る車の音がうるさいと思ったりします。
前は昼間でも静かな湖畔のように物音が何もしなくて逆に何事!?と思ったりする土地でしたから。



ここでも十分すぎるほど田舎なんですけどね〜。
まあたぶんド田舎ではないです。夜9時を過ぎても信号は点滅にはならない感じです。
道路に鹿とかもたぶん出ません。

何日か前にノスタルジックな夢を見たんですが、その夢の舞台が前に住んでた家でした。季節はたぶん冬でした。
まさかあの土地、あの家のことをノスタルジックに夢見る日が来ようとはwww

いろいろショッキングです。
まあきっとここで生活するうち、いつの間にかまた気にならなくなっていくんでしょうけど。今の土地と前の土地、どっちがいいのかわかりませんが、まあいい経験でした。このギャップ、このカルチャーショック。

「なんでそんなとこに?」と言われ続けたあの土地に二年も引きこもってた甲斐がちょっとはありましたよw

広告を非表示にする