読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCの日記

コミュ障人生、試行錯誤の日記です

「いざとなったら坊主にできる」が羨ましい

隠居生活

髪切ってきました。めんどかった(´д`)
なぜに髪は伸びるのか。もう何度疑問に思ったか分からないくらい、髪切るのめんどい勢です。
ちょうどいい長さで一年くらい伸びるの止まる薬とかあったらマジでいいんですけどね。



自分は一度にめちゃくちゃ短くして、限界まで耐えて、限界が来たら切りに行くという感じでやってます。早ければ2か月、長くても3か月で限界はやってきます。
カットはめんどうでも、髪が延びて首筋に自分の毛先が当たるようになるとうっとおしくてしょうがないのです。

で、仕方なくトボトボとカットに行きますが、「この日に切りに行くか……」という予定を先延ばしにするのが恒例行事。
昔から髪切るのが苦手でイヤだというのもありますし、あまり金がないので悔しいという現実的な理由もあります。


それらの悩みを一気に吹っ飛ばせるのが「坊主」ですよね。
バリカン一つでセルフサービス。2~3ヵ月に一度やってくる憂鬱な行事ともこれで縁が切れます。
貧乏生活を送ってる人は坊主頭がわりと向いてるかなーと思います。経済的な頭ですよ。


楽そうでいいなと自分もわりと坊主には憧れがあり、やったことがありますが、超絶似合いませんでしたwww

坊主って似合ってる人にはいい感じですが、似合ってないとただただ残念でした。






坊主にしてわかること、それは「頭の形」と「生え際」。
坊主が似合う人って、頭の形がキレイな丸型で、生え際もキレイに揃ってるじゃないですが。


自分は頭の形が歪で、見る人を不安にさせる違和感がありましたw

そして何より「生え際」!

前髪が平行に生えてなかったんです。ナナメってるんです。前髪の生え際がナナメ。
ちょっと雑すぎんよーと言いたくなるような見事なナナメっぷりで、左目側から右目側に向かって、前髪のラインがきれいに右肩上がりの直線で生えてるんです。

坊主にして初めてこれに気づいたとき、「自分には坊主も許されんのか・・・」と軽くめまいがしたのを覚えてます。

なんか自分の前髪って左目側がいつももさっとしてんなーとそれまでずっと思ってきたんですが、ああこれだったのかと、長年の疑問は氷塊しました。別に一生知らんでもよかった。


大人になってもあえて坊主を選択する人って基本的に似合ってる人が多いので、ある年齢をすぎて坊主にして超絶似合ってないと、本当にいたたまれないです。

しょうがないので「え?なんかおかしいですか?」ってすました顔するしかない状況にいたたまれなくなりますw





カットってどう頑張っても自分じゃ無理ですよね。

どうしても他人の力を借りないとどうしようもなく、判で押したようなオーダーも難しく、運と相手の力量にもよるというのが貧乏コミュ障な自分には耐えがたいほど苦痛です。

面倒くさがって適当な人に頼むと適当な頭になって2~3ヵ月憂鬱に過ごさないといけないというのもありますから、手を抜くわけにもいかぬと。


それくらいなら坊主の方が仕上がりも確定していてしかも経済的でいいなと思うんですが、自分にとってはその手も使えなくてただただ悔しい限りです。

坊主にできたらなーと、わりと今思ってるんですけどね。

広告を非表示にする